フリーターが結婚する恐ろしさ

フリーターのまま結婚することはできない。

だがしかし、その可能性は決して0でない。

万が一ということがあるのだ。

そこで今回は仮にフリーターが結婚して、引き起こりそうな問題について語りたいと思う。

考えるだけでも恐ろしい。

ここで玉の輿パターンを考慮してしまうと、スリリングさがなくなるのであくまでもお互いにフリーターであることを想定してほしい。

そもそもフリーターでも結婚できる相手なんてたかが知れているだろう。

ということで互いにフリーターと仮定する。

貧困生活

互いにフリーターのままでは貧困生活は免れない。 

しかもその生活は正社員になるまで一生続く。

金がすべてとは言わない。

しかし、あるに越したことはないのは事実だ。

それにもし仮に子供ができたとして、両親がフリーターなんて子供が悲惨すぎる。

その子供もきっと将来フリーターであることは間違いないだろう。

 

このようにフリーター同士で結婚する場合は貧困生活は覚悟しなければならない。

もっとも親がものすごく金持ちであるなら問題ないだろう。

ただし、統計的に見ても親の年収と子の職歴は比例するので可能性としては限りなく少ないはずだ。

結婚式があげられない

基本的にフリーターで結婚式を挙げるのはほぼ不可能だろう。

お金がなさすぎる。

サラリーマンでさえも結婚式を挙げるのを渋る時代だ。

フリーターが結婚式だなんて夢のまた夢。

もちろん結婚式なんか挙げる必要ないという夫婦であれば、余計なお世話だっだだろう。

両親へのご挨拶に行きづらい

結婚する際において最も面倒なのは両親へのご挨拶だろう。

官僚であるなど自分自身を誇れる場合は大した問題ではないだろうが、ましてやフリーターだ。

本音を言うならばフリーターとなんか結婚させたくないに決まっている。

自分の子供がフリーターを連れてこられたときのことを想像してほしい。

心配でしかない。

そんなわけでフリーターがご挨拶に行く場合、下手したら駆け落ちのような状態に陥ってしまう可能性も重々考えられるだろう。

娘は貴様になんかやらん。

それはそうだ。

だってフリーターなのだもの。

老後が悲惨

フリーターと正社員の老後は比べものにならない。

それは正社員だと厚生年金に加入しているからだ。

夫婦で考えても、もらえる額は月に10万円以上の差が生まれる。

実に興味深い話だ。

同じ「年金」なのに、老後も格差を生み出すとは。

結局フリーターは老前も老後も貧困のままということだろう。

比較的老後にお金を回せるであろう正社員の方が将来もらえる年金の額も大きい。

これを聞いたらもはや正社員にならない理由が見当たらないだろう。

正社員になって結婚した方が明らかに今も今後も幸せだ。

フリーターが結婚するのに一番手っ取り早い方法

フリーターのままでは結婚できない。

たしかにその通りだ。

しかし、だからと言って諦める必要は全くない。

今回はフリーターが結婚するのに一番手っ取り早い方法を伝えよう。

正社員になる

どう考えたって一番効率よく結婚できるのは正社員になることだ。

これは男性も女性も変わらない。

インターネット上では年収1,000万以下の男なんてありえないなんてささやかれているが、決してそれも気にする必要はないだろう。

過激なことを言って注目度を上げるためのポジショントークに過ぎないのだから。

そういう意味でも、特別な大企業に入る必要は全くない。

むしろ大企業に勤めている人の方がマイノリティーだと言えるだろう。

とにかく正社員になれさえすれば結婚できる。

そんなわけで結婚願望のあるフリーターは無駄なこだわりを捨てて、就職しよう。

正社員が結婚しやすい理由

統計的にも、フリーターより正社員の方が結婚しやすいのは明らかだ。

周りのフリーターを見渡してみるのが一番わかりやすいかもしれない。

あなたの周りのフリーターで結婚した人はいるだろうか。

私の周りには存在しない。

学生時代を含めると6年間同じところでバイトしているが、フリーターで結婚した人は皆無だ。

ではなぜフリーターが結婚しにくく、正社員が結婚しやすいのか。

それはマネーだ。

結婚は何かとお金がかかる。

もちろん夫婦揃ってフリーターでも暮らしていくことは可能だが、なんせ未来への希望がない。

フリーターで給料が上がることは皆無だからだ。

希望がなければ当然、結婚する気なんてさらさら起きないだろう。

だから希望0のフリーターでは結婚できない。

つまり正社員がいいというわけではなくフリーターが嫌なだけなのだ。

フリーターの結婚は惨め

フリーターのまま結婚することは不可能ではないが、決しておすすめはできない。

それはフリーターが惨めだから。

もし仮に子供ができたとしよう。

「お父さんの仕事はフリーターです」なんて言ったら子供がかわいそうではないだろうか。

またフリーターということで、家計を切り詰めて生活しなければならないだろう。

それが最初の頃だけなら我慢できるが一生続くとなると、不幸以外の何物でもない。

なぜ満足のいかない現状に耐えられるのかというと、それは明るい未来を期待できるからだ。

期待できないフリーターと一緒に暮らして耐えられる人はまさに皆無。

期待が持てるよう、正社員になることを強くおすすめする。

もちろん正社員になったところで期待通りになるとは限らない。

それでも何た問題ない。

結婚で重要なのはあくまでも未来に期待できるかどうかなのだから。

フリーターのままモテモテになる方法

フリーターは結婚できない。

だから就職あるのみだ。

と言ってもいきなり行動に移せる人の方が少ないだろう。

そこで今回は就職せずともモテモテになる方法を考えてみた。

実際、これが一番論理的で理にかなっている方法だろう。

出会いの数を増やす

下手な鉄砲数撃ちゃあたるということで、手当たり次第にアタックしていこう。

確かにフラれる確率の方が高いだろう。

しかし、フラれることを恐れては一生彼女なんてできないだろう。

ここだけの話、私もフリーター時代何発か当てたことがある。

面白いものだ。

自分では無理だと思いつつも、いけばなんとかなるものなのだから。

まさにレジで商品をおすすめするのと一緒。

おすすめしないことには売れないが、「ポテトいかがですかー」と毎回付け足すだけで、100人中1人は買ってくれる。

何事もチャレンジあるのみだと言えるだろう。

成功率1%でも100回チャレンジしよう

もし仮に、フリーターの告白の成功確率が1%だとする。

100回告白して1回しか成功しない確率だ。

そこでちょっと見方を変えてみよう。

99%の確率で失敗する告白を100回チャレンジした時の成功率はどのくらいか。

それは63.3968%だ。 

つまり100回続けて失敗する確率はたったの4割。

半数以上ということでチャンスはアリだろう。

ちなみに459回目の挑戦で失敗する確率はわずか1%になる。

このように、少ない成功確率でも試行回数だけで存分にカバーできる。

基本的にモテないフリーターはこの戦略を用いないわけにはいかないだろう。

モテスパイラル

さらにフリーターに朗報だ。

メスという生き物は、パートナーのいる相手が魅力に思えてしまう。

「彼女がいる時の方がモテた」というような経験に身に覚えがある人は少なくないだろう。

例外なく私もそのうちの一人だ。

フリーターだったたらこの習性を利用しない手はないだろう。

まずはアタックしまくることで、最初の彼女を作る。

その彼女には申し訳ないが、犠牲になってもらおう。

モテたいフリーターが欲しいのは彼女ではなく、彼女がいるという既成事実だ。

それだけで、他の女性からしたら自分が魅力的に映ってしまう。

そんなのお構いなしにどんどんアタックしよう。

すると最初は1%だって成功率が2%、3%とぐんぐん伸びていくだろう。

これぞモテスパイラル。

結局、女性はモテている男が好きなのだ。

でもそれは仕方のないこと。

子孫を繁栄させるという本能を持っているのだから。

以上が、フリーターのままモテモテになる方法だ。

どれも科学的に実証されていることなので効果は大アリだろう。

それでも私はモテたいわけではなく、お金が欲しいのでこの方法を使うのはやめておこう。

モテ遺伝子というよりもお金で女性を翻弄させたい。

フリーター女とは結婚したくない

私、結婚するために就職しました。

という仮定のもと相手を探してみよう。

単刀直入に言う。

フリーター女とは結婚したくない。

今回はその理由について。

ちなみにこんなこと言っているが、私はフリーター以下の人間なのであくまでも自分が正社員になった立場で話している。

正社員のが可愛く見える

あくまでも想像だが、「フリーターです」と言われるよりも「OLです」と言われた方が可愛く感じるのはなんとなくわかるだろう。

文字にしてみると分かりやすい。

25歳OLと24歳フリーターどっちが魅力に映るだろうか。

例外なく前者だ。

しかもここではあえてフリーターの年齢を1歳若くした。

それなのに魅力にうつるのはOLだ。

これぞ職業ブランドというもの。

30歳OLと24歳フリーターくらいにして初めて均衡がとれるだろう。

フリーターブランドは年齢以上に厳しいものなのだ。

もちろんフリーター男はもっと悲惨だ。

私もこれまでにフリーターというわけで数々の非礼を浴びてきた。

男女ともにフリーターは厳しいものがある。

苦楽をともにしたい

これは私の願望だが、 結婚当初は苦楽をともにしたい。

もちろん結婚出産を機にパートという雇用形態をとることは否定しない。

好きなように働いてもらえばいいだろう。

ただし最初からパート・アルバイトとして働かれると興醒めする。

まるで会社を辞めたいがゆえに結婚を選ばれたのではないかと思うくらいだ。

もしくはフリーターという肩書きを消すために結婚したかったのではないかと。

いずれにせよ、初期の頃は苦楽を共にし一生懸命互いに働いていたい。

これが私の願望だ。

仕事を頑張る女性は美しいのだから。

共有財産をフリーター女とは持ちたくない

これは非常にケチくさい話なのだが、私は玉の輿に乗せることが非常に嫌いだ。

そして多くの場合が結婚することで共有財産を持つことになるだろう。

この時、何ももたないフリーター女と財産を共有するのは非常に気がひける。

確かに自分も大したものは持っていない。

しかし共有するからには5分5分のスタートをこちらとしては望みたい。

もちろん逆玉の輿パターンも非常に嫌いだ。

逆玉の輿に乗るくらいなら、同じステージに立ちたい。

話は逸れるが、恋愛結婚が採用されたのはつい最近の話。

それまでは利益を共有し合う政略結婚が一般的だったのは多くの人が知るだろう。

この風潮は現代にも多少は引き継がれるべきだ。

恋愛で全てをものにしてしまうのなんて理不尽すぎる。

だから私は自分が損しないためにもフリーター女とは共有財産を持ちたくない。

ちなみに相手に利益を与えるのは大好きだ。

結婚だからこそお互いにメリットを与えたいのは私だけではないだろう。

以上、私がフリーター女と結婚したくない理由だ。

フリーター女をボロクソに言ったからにはもはや自分もフリーターではいられない。

フリーターはモテなすぎて辛い

ああ、結婚したい。

それでも私には結婚できない理由がある。

それはフリーターであることだ。

どこの女が好き好んでこのフリーターさまと結婚してくれるのか。

結婚どころか彼女もできない。

ああこんなにモテなくなってしまったのはいつからだろうか。

言うまでもない。

フリーターに堕ちてしまったその瞬間からだ。

それは当時付き合っていた彼女に振られたことからも明白だろう。

フリーターはモテない

結婚したいというからにはまず彼女から作らないとならない。

だがしかしそれができない。

その理由は単純だ。

フリーターはそもそもモテないのだ。

そしてもう一つ理由がある。

自分がフリーターのくせに理想だけは一丁前に高いことだ。

それで彼女ができるわけなかろう。

フリーターでモテない人はこのような傾向があるように思える。

かといって私が理想を下げるつもりは毛頭ない。

自分を高めていこう。

フリーターがモテない理由

自分を高めていくには、モテない原因を突き止めていく必要がある。

すなわち「なぜフリーターがモテないのか」を解明しないとならない。

理由はこの一点に尽きると思う。

お金がないからだ。

フリーターはとにかくお金がない。

今も昔も将来もお金がない。

だからモテないのだ。

もし仮に大金もちだったらフリーターなんてやる必要もないだろう。

結果金さえあればモテるのだと考えられる。

お金が嫌いな女性はいない。

残念ながら。

フリーターがモテるために

というわけでまずはお金を稼ごう。

稼いで稼いで稼ぎまくればモテること間違いなし。

だがしかし、そのためにはフリーターでいることは許されない。

なぜならフリーターでたくさん稼ぐことは不可能だからだ。

となると株やFXやアフィリエイトだろうか。

いーや、そんなに簡単に稼げるイメージがない。

となると起業か。

無理に決まっている。

お金を簡単に稼ぐことはできなそうだ。

モテたかったら正社員

あとは消去法で正社員になるしかない。

正社員だったらなぜだかわからないけど貧乏でも許されそうだ。

実際私の周りの正社員をやっている友人も貧乏だけど立派に彼女だけはいる。

やはり正社員は最強だ。

金を稼がずとも、正社員というだけで安心される。

まさにマジック。

もちろん正社員を馬鹿にしているわけではない。

私はフリーターなのだから。

フリーターなんかやる暇があるなら正社員の方がいいよねというだけのこと。

というわけで彼女を作るためにまずは正社員にでもなってこようと思う。

話はそれからだ。