フリーターが結婚する恐ろしさ

フリーターのまま結婚することはできない。

だがしかし、その可能性は決して0でない。

万が一ということがあるのだ。

そこで今回は仮にフリーターが結婚して、引き起こりそうな問題について語りたいと思う。

考えるだけでも恐ろしい。

ここで玉の輿パターンを考慮してしまうと、スリリングさがなくなるのであくまでもお互いにフリーターであることを想定してほしい。

そもそもフリーターでも結婚できる相手なんてたかが知れているだろう。

ということで互いにフリーターと仮定する。

貧困生活

互いにフリーターのままでは貧困生活は免れない。 

しかもその生活は正社員になるまで一生続く。

金がすべてとは言わない。

しかし、あるに越したことはないのは事実だ。

それにもし仮に子供ができたとして、両親がフリーターなんて子供が悲惨すぎる。

その子供もきっと将来フリーターであることは間違いないだろう。

 

このようにフリーター同士で結婚する場合は貧困生活は覚悟しなければならない。

もっとも親がものすごく金持ちであるなら問題ないだろう。

ただし、統計的に見ても親の年収と子の職歴は比例するので可能性としては限りなく少ないはずだ。

結婚式があげられない

基本的にフリーターで結婚式を挙げるのはほぼ不可能だろう。

お金がなさすぎる。

サラリーマンでさえも結婚式を挙げるのを渋る時代だ。

フリーターが結婚式だなんて夢のまた夢。

もちろん結婚式なんか挙げる必要ないという夫婦であれば、余計なお世話だっだだろう。

両親へのご挨拶に行きづらい

結婚する際において最も面倒なのは両親へのご挨拶だろう。

官僚であるなど自分自身を誇れる場合は大した問題ではないだろうが、ましてやフリーターだ。

本音を言うならばフリーターとなんか結婚させたくないに決まっている。

自分の子供がフリーターを連れてこられたときのことを想像してほしい。

心配でしかない。

そんなわけでフリーターがご挨拶に行く場合、下手したら駆け落ちのような状態に陥ってしまう可能性も重々考えられるだろう。

娘は貴様になんかやらん。

それはそうだ。

だってフリーターなのだもの。

老後が悲惨

フリーターと正社員の老後は比べものにならない。

それは正社員だと厚生年金に加入しているからだ。

夫婦で考えても、もらえる額は月に10万円以上の差が生まれる。

実に興味深い話だ。

同じ「年金」なのに、老後も格差を生み出すとは。

結局フリーターは老前も老後も貧困のままということだろう。

比較的老後にお金を回せるであろう正社員の方が将来もらえる年金の額も大きい。

これを聞いたらもはや正社員にならない理由が見当たらないだろう。

正社員になって結婚した方が明らかに今も今後も幸せだ。